英語力をのばしたい人必見!目的別にみる英語塾選びのポイントと勉強法のコツ

重視するポイント別に選ぶ!
中学生から通える英語塾3選

学校での授業理解度を上げたいなら

トリプレット
トリプレットイングリッシュスクール
画像引用元:トリプレット公式HP(https://triplet-english.co.jp/)

特色

  • 苦手を克服させる個別指導方式で
    中1から大学受験までの英語100%習得を目指す

授業形式

  • 個別指導方式(無学年制)

お試しレッスン費用

  • 6~8日間(無料)

英検を
取得させたいなら

英検アカデミー
英検アカデミー
画像引用元:英検アカデミー公式HP(https://eiken-academy.com/)

特色

  • 5級から1級まで受験級の制限なく
    英検取得に向けた対策コースがある

授業形式

  • 個別指導方式

お試しレッスン費用

  • 要問い合わせ

コスパの良さで
選びたいなら

東京英語塾
東京英語塾
画像引用元:東京英語塾公式HP(http://tokyoeigojyuku.com)

特色

  • 中学生向けのコースがあり
    コスパ良く通える
    ※90分授業を月4回通った場合の月謝が12,960円(税不明)

授業形式

  • 個別指導方式

お試しレッスン費用

  • 1回(5,000円)
    2回(7,500円)
    3回(10,000円)
    ※税不明、入塾が決まれば無料になる

【選出基準】
2023年1月23日にGoogle検索で「英語塾 東京」と調べ、検索結果TOP50のうち、英語を専門にしている塾(29校)を選出。
その中から、重視するポイント別で中学生から通える英語塾3校を厳選しました。

【重視するポイントの選定基準】
※各ポイントにおいて、公式HPで明記されていることが確認できた英語塾から選定しています。
・学校での授業理解度 … “それぞれの学校の授業内容に合わせた予習・復習が可能な英語塾”として、英語を専門にしている塾(29校)の中で、対応している教科書数が最多の30種類(2023年1月23日時点、編集チーム調べ)であるトリプレットを選出
参照元:トリプレット公式HP(https://triplet-english.co.jp/course/
・英検の取得 … “受験する時期・級に関係なく対策できる英語塾”として、英語を専門にしている塾(29校)の中で、常時開設している英検専門の対策コースがあり、受験級の制限なく60分以上かつ月4回以上の授業がある英検アカデミーを選出
・コスパ … “中学生向けコースを安く通える英語塾”として、英語を専門にしている塾(29校)の中で、中学生の月謝が最安の12,960円(税不明)である東京英語塾を選出(月4回通った場合/2023年1月23日時点、編集チーム調べ)

中学生が英語を苦手になる理由は?

中学生になると、学校での英語の授業も本格化していきます。受験のことや将来のことを置いておいても、少しでも自ら楽しんで取り組んでもらえた方がいいですよね。 ここでは、なぜ中学生が英語に苦手意識を持ってしまうのかについてまとめています。その意識を克服するにはどうしたらいいのか考えていきましょう。

苦手を克服するための英語塾について

苦手な理由1:単語と発音をセットで覚えられない

まずひとつは、単語のつづりを覚える際に、そのつづりと発音が一致しないことでつまずくパターンです。

ローマ字の読み書きができても、ローマ字とは発音の仕方も違いますし、同じアルファベットを使用しているのに読みが違ったり、逆に同じ読み方なのに意味が違ったり…日本語にも同様の言葉はたくさんありますが、一気に「読み」「つづり」「意味」を同時に覚えねばならないとなると、混乱してしまいますよね。その単語でさえ、大量に覚えていかねばならないのですから、気が滅入る気持ちも理解できます。

特に苦手と感じる生徒が多いのが発音です。英語では同じ「a」でも、「want」と「about」ではaの発音が異なります。発音が分からなければ単語を読むことができないため、スペルと発音を同時に覚える必要があるのです。そして、日本人が苦手な「th」の発音や「R」「L」の発音でも苦労します。

その他にも、二つの音を繋げて発音するリンキングや、アクセントなど、英語に不慣れな日本人にとって苦手意識を増長させるポイントが多々あるのです。

単語・発音を覚えるコツ

英単語と発音を覚えるコツとしては、自分で声に出してみること、または心の中で発音してみることが大切です。単語を目で見て認識したとしても、読み方が分からなかったり発音が分からないままでは、なかなか覚えることができません。その場では覚えたつもりでも、時間が経つと頭から抜けてしまうことがほとんどです。

単語を声に出してみたり心の中で発音してみたりすることは、単語の意味と発音を結び付ける行為でもあります。発音と意味を結び付けることで、単語と発音を忘れにくくなります。

苦手な理由2:不規則動詞が難解

不規則動詞で混乱して、わからないとさじを投げてしまうのも一つのパターンです。

多くの動詞は最後に-edを付けると過去形、過去分詞形に変化しますが、不規則動詞はこれに当てはまりません。不規則動詞の単語はよく使用されるものも多いため、英語に慣れている人であれば、さほど苦手意識も持たずにいられますが、とはいえ日本は島国で、他国と地続きになっている諸外国と違い、英語に触れたり、英語やその他の言語の人とコミュニケーションをとる機会は、自ら作ろうとしなければほぼありません。そのため、暗記に頼るしかなく、そうすると楽しんで覚える、よりも勉強であるという側面が大きくなってしまい、苦手意識も大きくなってしまうのです。

不規則動詞を覚えるコツ

不規則動詞は基本的に暗記するしか覚える方法はありません。中学校の授業で学ぶ不規則動詞の数は約70前後です。頻繁に使用する動詞が多いため覚えてしまえばそれほど難しくないのですが、間違いなく読み書きできるようになるには繰り返し学習する必要があります。テストには頻繁に出る傾向があるため、知識を身に着けておく必要があるでしょう。

不規則動詞の覚え方

不規則動詞が理解できず、点数が上がらないだけではなく英語そのものに興味を失ってしまったり学習意欲を低下させてしまう生徒もいます。そこで不規則動詞の覚え方について、ポイントをご紹介します。

AAA型の覚え方

原形、過去形、過去分詞形全て同じものです。その中でもread、cut、putの3つを覚えましょう。3つ同じだからこそ分からないという声もあるのですが、原形と過去形を区別することで、見えてくる事があります。

例えばこちら。

  • He reads the book.(readは現在形)
  • He read the book.(readは過去形)

現在を指す動詞で主語が3人称単数の時にはs(es)を付けるルールがあるので、過去形と区別することができます。

ABA型

過去形だけが異なるものもあります。原形と過去分詞系が同じになるので、覚えやすいタイプです。かといって多くの単語を覚えるとなると難しいので、下記の3つだけで良いでしょう。

  • come
  • become
  • run

これらは過去形になると下記となります。

  • came
  • became
  • ran

まずはこれらの種類から覚えましょう。この3つのパターンを覚えるだけで、ある程度応用が可能になります。

ABB型

こちらはかなりの数となりますが、ある程度絞ってみました。

  • 建てる・build・built
  • 持ってくる・bring・brought
  • 買う・buy・bought
  • つかまえる・catch・caught
  • 感じる・feel・felt
  • 見つける・find・found
  • 手に入れる・get・got
  • 持っている・have・had
  • 聞こえる・hear・heard
  • 去る・leave・left
  • 貸す・lend・lent
  • 失う・lose・lost

これまでと比べると一気に増えてしまいましたが、語尾がdからtになるもの、epからptになるもの、ellからoldになるものなどいくつかに分類できます。パターンを知ることで、覚えやすくなるでしょう。

ABC型

原形、過去形、過去分詞系の全てが違う形となっていることから、それぞれを覚えなければなりません。ただ、似た変化をするものもあります。例えばi→a→uと変化するタイプのもの。これはdrink・drank・drunkやswim・swam・swumが挙げられます。このような法則性を見つけることで、暗記もしやすくなるでしょう。

苦手な理由3:暗記した文脈とは違う問題が出てくる

英語の単語にはひとつの単語に複数の意味があります。文脈によって単語の意味に違いがあるため、知っている文脈とは違う文脈で単語が出てくると、文の意味が理解できなくなることがあります。単語に複数の意味がある場合、どの意味を重点的に暗記すればよいのかわからなくなってしまう中学生は多いでしょう。

文脈を覚えるコツ

英語に慣れてくると、文脈に出てきた単語を見れば解釈の方法が分かるようになってきます。そのためのカギとなるのがスキーマ。日本語の感覚ではなく英語の物事のとらえ方で単語を覚える必要があるのです。脳が英語脳になると、スキーマは自然と身についていきます。

苦手な理由4:文法がわかりづらい

学校では、be動詞・一般動詞・現在完了形などの英文法を学びます。学校で学んだ文法を並べ替えたり書き換えたりすることに、苦手意識を抱く人は多いのではないでしょうか。実際、文法でつまずき英語が苦手になってしまう人は多いようです。文法は英語を話すうえで非常に重要なポイントになります。実際には文法が多少間違っていても英語は通じますが、表現力を高めるためには文法知識は必須です。

学校では文法について項目ごとに細かく指導します。しかしそれでは、いざ英語を使おうとしたときに、どの位置で習った文法を使用してよいのか分からなくなってしまうのです。文法が分かりづらいという人は、文法力を鍛える必要があります。

文法を覚えるコツ

文法を覚えるには、伝えたいことを表現するための文法力を身に着ける必要があります。そのためには、文法の全体像をとらえて、体系として身に着ける必要があるのです。文法力を高めるためには、名詞・動詞・副詞での文法の組み立て方と法則を知りましょう。

英語で表現するためには、語順の並べ方と構文を覚えなければなりません。名詞・動詞・副詞での文法の作り方とつなぎ合わせる規則を理解するだけでも、文法力を身に着けることができます。

苦手な理由5:音読で萎縮してしまう

英語の授業は声に出して英語を読む機会も多いです。その際、音読で委縮して芽生えてしまった苦手意識を払拭できないケースもあります。元々人前で話すのが苦手なタイプや、間違えたことをクラスメイトに笑われたり、といった理由で英語そのものが嫌いになってしまう中学生は多いです。

音読のコツ

まずは、人前で話すことに対しての苦手意識を払しょくすることや、間違えることそのものは恥ずかしいことではないと理解してもらうことが大切です。また、家で実際に声に出すことも大切です。日常生活の中で話していない言葉を、授業の際に話せと言われても難しいものです。しかし、家の中で普通に話すことができていれば、あとは緊張しなければよいだけになります。自宅での勉強や、あるいはお風呂の時間などでもよいでしょう。英語を発する機会を作ってあげることで、次第に音読そのものに対しての苦手意識を払しょくすることにつながるでしょう。音読は、音読そのものと人前で話す・失敗するという二つのハードルがあります。それぞれ別問題として取り組むことで、課題の改善に近づきます。その際、細かい発音は気にすることなく、まずは伸び伸びと音読する習慣をつけてもらいましょう。

苦手な理由6:最初から理解する必要がある

英語の授業は積み重ねです。例えば社会や理科の場合、理解していない部分があっても次の項目に移動すると、気持ちを切り替えて勉強ができます。しかし英語はすべてが積み重ねです。そのため、分からない部分がある場合、分からない部分まで戻って勉強しなければなりません。場合によっては最初から理解しなければなりませんので、一度分からない点があると、置いていかれてしまうだけではなく、戻って理解することが難しい科目なのです。

最初から英語につまずかないコツ

一度つまずいてしまうと挽回が難しい英語。最初から英語につまずかないためには、英語の授業が始まる学年の前から英語の勉強を始めることも大切ですが、いくつかのポイントを押さえておくことで、理解度が高まります。

be動詞と一般動詞の違いを理解する

be動詞と一般動詞は全くの別物であることを理解しましょう。一般動詞とbe動詞が混ざるタイミングで英語が「よく分からなくなる」生徒は多いです。しかしテストの範囲だけを暗記すればそれなりの点数が取れることから、be動詞と一般動詞の違いをさほど重視していないケースも多いです。be動詞の場合、否定文はnotをつけるだけ、疑問文は前にだすだけです。しかし一般動詞の場合はdoやdoesとが必要になりますし、疑問文や否定文の時には原形となります。

三単現のSを理解する

三単現のSとは一般動詞の現在形の話となります。I、You、We、They、そして複数形にはsが付かないのですが、Be動詞と一般動詞の違いを分かっていないと、Be動詞に対して「どうするのか」と考えてしまうのです。しかし、上記の5つ以外の現在形の動詞には必ずSがつきます。例えば「I make ~」「You make~」は動詞であるmakeにSが付いていません。しかし、「He makes~」「Jun makes~」と、例外の5つ以外には必ずSがつきます。

一般動詞の変化は暗記で回避

一般動詞は変化します。ここで英語を見失ってしまう生徒も多いです。一般動詞の変化にはある程度パターンがありますが、この点に関しては暗記しかありません。法則性だけで覚えてしまうと例外が覚えられませんので、暗記が確実です。ただし、暗記だけで覚えると活用方法を忘れてしまいがちなので、教科書や参考書の文章を読みながら覚えていくとよいでしょう。前後の文法と併せて覚えることで、理解度を深めましょう。

4大品詞を理解する

英語には名刺、形容詞、副詞、動詞の四大品詞があります。四大品詞の関係性を理解しなければ、文法のより深い理解は難しいです。しかし「文法」「品詞」と言われても、ピンとこない学生が多いのも事実です。そのため、四大品詞を理解するためには国語の理解が不可欠となり、ますます英語への苦手意識が強まってしまいます。四大品詞に関しては感覚ではなく知識として覚える必要がありますので、漫画やアニメ等、受け入れやすいものを活用するのも手です。

疑問文を理解する

疑問文は、英語開始当初に「逆にする」と教えられてから、以降この形だけで、つまりは感覚で覚えている人が多いです。結果、後になって法則があてはまらず、分からなくなる学生も多いです。まず、疑問詞にも疑問代名詞、疑問形容詞、疑問副詞の3つがあり、さらにはHowの使い方と意味にはバリエーションがあることを覚えておく必要があります。特にhowは少々複雑な形となっていますので、それぞれの形を覚えましょう。

不定詞を理解する

英語で躓く生徒にとって鬼門となるのが中学2年生です。なぜなら、ここで不定詞が登場するからです。不定詞の用法が理解できず、躓いたまま授業が先に進んでしまうことで置いていかれてしまい、英語への苦手意識が強まってしまうのです。特に動名詞との使い分けが難しいです。「未来志向」「右方向の矢印のイメージ」といったイメージを持つ不定詞ですが、不定詞は元々前置詞から生まれたものです。そのため「これから何かをする」として使われる傾向にあります。

中学生が英語の苦手意識を克服するには?

苦手だ、という意識をまず払拭してもらうには、どうしたらいいのでしょう?克服する方法などはあるのでしょうか。

音読を中心に勉強する

まず、単語の意味を覚える以前に、その単語を発音できないと、もう何から覚えていいのかわからないですよね。読み方を知らない単語を覚えようと、ひたすら書き連ねていると、アルファベットも文字というより、ただの記号に見えてきてゲシュタルト崩壊してしまいます。ですから、音読をしてその読み方(音)と共に覚えていくのがおすすめです。

単語をインターネットで検索すると、意味と共に発音も簡単に聞くことができます。ならって読んでみましょう。もちろん、やみくもにただ口に出してみるのではなく、意味やつづりも意識して、書く、読む、両方で覚えられるようにするといいでしょう。

英文のパターンを覚えて訳してみる

中学校で習う英語は大きく2種類と言われており、

  • 『〇〇=××』
  • 『〇〇は ××をする △△を どのように どこで いつ』

の2つです。

前者はbe動詞で繋げる、『〇〇は××だ』のような言葉で、それらが等しいものであることを表すもので、後者は5W1H(Who、What、Why、When、Where、How)を使い、誰が、何を、なぜ、いつ、どこで、どのようにして行うかを説明するものです。

基本的にこれらさえ覚えておけば中学生の教科書の英語は訳すことができますから、この大きなポイント2つを覚えることから始めてみましょう。

英単語・熟語・基本文は暗記して覚える

テストで出題されるのは、教科書に出てくる基本英文の理解度を確かめる問題と、熟語の問題です。ですから、単語と共に、教科書の各章で出てくる基本的な英文の組み立てとその使い方、そして熟語の意味や言葉の繋ぎ方を覚えておくと、テスト対策になるだけでなく、その後の授業内容でも読めるもの、理解できるものが増えていきます。

英語も他の教科と同じく、基本の理解の積み重ねですから、一つ一つを丁寧に楽しみながら覚えていければ、だんだんとわかることが増えていき、苦手意識も薄れていくでしょう。

「やればできる」を体験する

人間は成功体験によりモチベーションを高めます。英語の勉強をすることで、「やればできる」を体験させることで、英語のモチベーションが高まります。テストの点はもちろんですが、海外の人と英語で話したりすることも「やればできる」に含めてよいでしょう。

相性の良い先生を探す

苦手な先生からの授業は、授業そのものよりも先生への苦手意識が勝ってしまい、勉強のモチベーションが低下しやすいです。つまり、相性の良い先生であればモチベーションが高まりやすいです。

好きな漫画やアニメの海外出版版を探す

日本の漫画・アニメは海外でも展開されているものがあります。そこで、好きな漫画・アニメが海外で展開されていないかチェックしてみましょう。元々の日本語を理解していますので、好きなセリフの英語はすぐに理解できるでしょう。

YouTubeで楽しめる英語チャンネルを探す

YouTubeには多くの動画チャンネルがあります。なかには、英語の教育チャンネルもありますので探してみましょう。「勉強」ではなく、「楽しく動画を見る」ことで英語に親しみやすくなります。

好きな海外のアーティストなどが話す動画を見る

好きなアーティストが喋っている動画を探してみましょう。英語で喋っているので聞き取りは難しいかと思いますが、聞き取れる単語を増やしていけば、やがては意味を理解できるでしょう。興味のない人間なら別ですが、好きなアーティストの言葉であれば、「頑張って聞き取ろう」とする意欲が高まるはずです。

好きな洋楽の歌詞を調べる

洋楽を聞く場合、洋楽の歌詞を調べてみるのも良いでしょう。「勉強」ではなく、「好きな歌の意味」を調べるとなれば好奇心も高まりますし、気楽に取り組めるものです。また、そこで覚えた言葉の意味は忘れにくいでしょう。

出題される問題のパターンを学ぶ

テストや過去問の出題される問題のパターンを学びましょう。答えを導きだそうとするのではなく、答えを把握したうえで「なぜそうなるのか」を、逆算的に学ぶことで、答えの「理由」が分かります。また、問題のパターンを勉強することで、テストでの点数は多少ではありますが良くなります。点数が良くなることで英語のモチベーションアップが期待できますので、何から手を付けてよいか分からない場合、テスト・過去問の問題を解いてみましょう。

普段のノートの取り方で苦手は克服できる?

学習の効率に影響する要素はたくさんありますが、普段のノートの取り方は特に重要です。ノートの取り方ひとつで学習の効率は変わってきますし、スムーズに学習できれば苦手意識も小さくなります。ここでは、英語の苦手意識を克服するためのノートの取り方を見ていきましょう。

ポイント1:英語本文は左側・和訳は右側に書く

英語のノートの取り方の第一のポイントは、余白と左右で使い分けることです。英語の本文は左側、和訳は右側に書くようにしましょう。

左側に英語本文を書く際には、本文1行に対して3行ほど余白を取るようにしましょう。この余白は、授業中に先生の解説や注意点を書き込むのに使います。

そして、ノートの右半分は和訳を書くことでノートの見開き全体を使って視覚的にわかりやすい書き方にするのがポイントとなります。

ポイント2:下から5行目に新しく勉強する単語を記入する

上記のやり方に加え、左ページの下から5行までのスペースは新しく出てきた単語・熟語・会話表現を書いていくのも有効です。新しく出てきた単語や熟語はノートに自分の手で書くことでより覚えやすくなるのです。

右ページの下から5行目も同じように開けておき、新出単語の意味や使い方を書いておくスペースとして活用しましょう。

授業中のノートの取り方は?

授業中のノートの取り方の基本は、新しい英文や和訳にはマーカーを引くことです。新しい文法に関しては、まずはそっくりそのまま覚える必要があるからです。また、先生の説明もしっかりノートに書き添えておきましょう。

授業中にすべての英文を理解するのは難しいもの。そうした英文はあとから復習するためにチェックしておきましょう。また、予習の段階でうまく訳せなかった文章も、授業中にしっかり解説を聞いて完成させておきましょう。

自分で訳した部分と先生が解説した部分との区別がつくように、先生の解説は色ペンを使って見分けられるようにしておくことも大切です。また、先生の解説の内容ごとに細く色を使い分けておくと、あとから読み返したりテスト範囲をチェックしたりするときに便利です。

予習をする時のノートの使い方

学習効果を上げていくためには、予習・授業・復習のサイクルが大切です。そして、復習は予習ノートを使用して行うのがポイントです。

復習は忘れないうちにやっておくのが基本。復習の際は、予習ノートの右半分の記述を隠して左ページの本文や単語の音読、日本語訳を行うという形でやっていくのが効率的です。

このやり方は、単語や文法を覚えるだけでなく、英作文のトレーニングとしても有効ですので、高校入試にかならず出る英作文の対策としてやっておきましょう。

予習復習は、合わせて30~40分くらいを目安にやっておくのがおすすめです。

ノートを取る上でのポイント

学習効果を上げるためには、正しいノートの取り方を身に着けておかなくてはいけません、しかし、学校では授業はしてくれても正しいノートのとり方を教えてくれることはなかなかありません。そこで、ここでは中学生の英語学習における有効なノートの取り方について見ていきましょう。

惜しみなく使う

ノートにびっしり文字を書き込むと、あとから見直すときに見にくくなってしまいます。何を書いているのかわからなくなることもあるでしょう。そのため、ノートはスペースを惜しみなく使い、大きな文字で書き、あとから書き込めるように余白もしっかり取っておきましょう。

日付・ページ・タイトルを忘れず記入する

ノートをあとから見直すときに、それがいつの記述かわからないと不便です。そのため、ノートには板書内容などだけでなく、日付やページ、タイトルなどの情報もしっかり書いておきましょう。ノートの内容が日付ごとに整理されていると、あとから見直すときに余計な時間を使わずにスムーズに見直しができるのです。

使用するペンは3色まで

ノートを取る際には、内容によってペンで色分けするのが基本です。しかし、あまりに多くの色を使うと内容が見分けにくくなってしまいます。そのため、色分けは赤、青、黄色の3色程度にとどめておきましょう。

特に中学生女子に多く見られる傾向として、ノートをカラーペンで色分けしながら記入する際に過剰に装飾してしまうことが挙げられます。たしかに見た目はきれいになるものの、あとから見直すときに紙面がごちゃごちゃとして見にくくなるので、シンプルにまとめることが大切です。

苦手な暗記はどう覚える?

人間は忘れてしまうものです。どれだけ必死に覚えようとしても、違うことを考えたり時間が経過したりすると忘れてしまいます。ただ、覚え方を工夫することで、継続して覚えておくことはできるはずです。まずは覚え方のポイントを知り、自分に合ったやり方を探すのが良いでしょう。

声に出す

勉強ではあっても周囲への配慮から、頭の中だけで考えている方も多いことでしょう。計算・考察であれば頭の中での展開で問題ありませんが、暗記を目的としているのであれば声に出してみましょう。声に出すことで「声に出したこと」として記憶するだけではなく、自分の発した声が耳から入るなど、より頭に印象付けることになりますので覚えやすくなります。

書いて覚えていく

こちらもアウトプットすることで覚えるものです。何度も書くことで、体で覚えることになります。こちらもまた、自分自身の印象に残ります。ただし、闇雲に書くよりもいつもより大きく、ゆっくり丁寧に書くと覚えやすいです。また、えんぴつやシャープペンシルよりも、ボールペンやサインペンのような消せないタイプのペンを利用することで緊張感が高まります。

繰り返して覚える

一度だけでは覚えられないことも、繰り返すことで定着するものです。ただし、同じことを繰り返していると飽きてしまうのも事実です。そこでいつもより少しだけで変化をつけて反復してみましょう。例えば暗記のインターバルに違うことを覚えるなど変化を付けることで、学習効率が高まる可能性があります。この点は自分自身の価値観・性格等に合わせて工夫を凝らしてみると良いでしょう。

休憩を挟むのも大切

長い時間勉強することも大切ではありますが、時には休憩を挟みましょう。長時間継続していると、疲労が蓄積され、集中力の低下を招きます。他の事が気になったり、あるいは体の中の栄養が不足することで集中力の低下を招くこともあるので適度に休憩を挟み、常に高い集中力で暗記に取り組むよう心掛けましょう。暗記は長時間こなすことが目的ではありません。時には休憩をはさみ、高い集中力で暗記しやすい状態を維持しながら、暗記に取り組みましょう。

水分は適度に補給しておこう

水分補給することで前頭葉のパワーが復活し、暗記の効率が戻ります。集中していると水分補給を忘れてしまう傾向にありますが、水分が不足すると、暗記はおろか体調面に悪影響を及ぼすことにもなりかねません。こまめな水分補給で体調管理もしつつ、勉強を続けていきましょう。

脳を休めるのも大切

適度に休憩を挟むことが大切だとお伝えしましたが、休憩中は脳を休めるようにしましょう。ボーっとしてみたり、スマートフォンを触らないようにしたりするのも脳を休める方法の1つです。休憩中にずっとスマホを触っていると、脳に負担をかけてしまうおそれがあります。新しい情報に触れることで、せっかく覚えたことを忘れてしまうなんてことにもなりかねません。

覚えたことをそのままに脳を休めることで、集中力を高めてよりよい暗記学習を進められるでしょう。

英文法の基礎とは?

リスニングの克服方法は?

中学の英単語の覚え方について

\中学生・高校生向け/
重視するポイント別に選ぶ
東京のおすすめ英語塾3選