英語力をのばしたい人必見!目的別にみる英語塾選びのポイントと勉強法のコツ

英語力を上げるための塾選びガイド » 高校生の英語をのばす勉強法&おすすめ塾 » 大学受験に向けて英語の偏差値を上げるために
重視するポイント別に選ぶ!
高校生も通える英語塾3選

学校での授業理解度を上げたいなら

トリプレット
トリプレットイングリッシュスクール
画像引用元:トリプレット公式HP(https://triplet-english.co.jp/)

特色

  • 苦手を克服させる個別指導方式で
    中1から大学受験までの英語100%習得を目指す

授業形式

  • 個別指導方式(無学年制)

お試しレッスン費用

  • 6~8日間(無料)

英検を
取得させたいなら

英検アカデミー
英検アカデミー
画像引用元:英検アカデミー公式HP(https://eiken-academy.com/)

特色

  • 5級から1級まで受験級の制限なく
    英検取得に向けた対策コースがある

授業形式

  • 個別指導方式

お試しレッスン費用

  • 要問い合わせ

コスパの良さで
選びたいなら

アチーブ英語塾
アチーブ英語塾
引用元:アチーブ英語塾公式HP
(http://www.achieve-eng.jp/)

特色

  • 高校生向けのコースがあり
    コスパ良く通える
    ※85分授業を月4回通った場合の月謝が18,000円(税込)

授業形式

  • 個別指導方式

お試しレッスン費用

  • 無料

【選出基準】
2023年1月23日にGoogle検索で「英語塾 東京」と調べ、検索結果TOP50のうち、英語を専門にしている塾(29校)を選出。
その中から、重視するポイント別で高校生も通える英語塾3校を厳選しました。

【重視するポイントの選定基準】
※各ポイントにおいて、公式HPで明記されていることが確認できた英語塾から選定しています。
・学校での授業理解度 … “それぞれの学校の授業内容に合わせた予習・復習が可能な英語塾”として、英語を専門にしている塾(29校)の中で、対応している教科書数が最多の30種類(2023年1月23日時点、編集チーム調べ)であるトリプレットを選出
参照元:トリプレット公式HP(https://triplet-english.co.jp/course/
・英検の取得 … “受験する時期・級に関係なく対策できる英語塾”として、英語を専門にしている塾(29校)の中で、常時開設している英検専門の対策コースがあり、受験級の制限なく60分以上かつ月4回以上の授業がある英検アカデミーを選出
・コスパ … “高校生向けコースを安く通える英語塾”として、英語を専門にしている塾(29校)の中で、高校生の月謝が最安値の18,000円(税込)であるアチーブ英語塾を選出(月4回通った場合/2023年1月23日時点、編集チーム調べ)

大学受験に向けて英語の偏差値を上げるために

「大学受験のために英語を勉強しているけど、なかなか偏差値が上がらない…」と悩んでいる方もいることでしょう。しかし、勉強の方法や順番、優先するべきポイントを変えることで、偏差値を上げられる可能性があります。こちらでは受験対策において、効率よく英語をレベルアップするための学習方法を紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

大学受験英語で気を付けるべき勉強法とは?

大学受験に向けて偏差値を上げるには、「いかに効率よく学習するか」がポイント。そのためにも、「避けておきたい学習方法」を知っておくことが大切です。

下記では、「効率が良くない」とされる勉強法を紹介。英語に伸び悩んでいる方や、受験英語を短期間で習得する必要がある方は、下記に当てはまっていないかチェックしてみるのがおすすめです。

単語を覚えない・語彙が少ない

長文読解ばかりに気を取られて、英単語の対策を後回しにしたり、軽視していたりするケースがあります。しかし、これは基礎英語力が必要な大学受験において、おすすめできない勉強法と言えるでしょう。

英単語の語彙が少ないまま長文を読み解こうとしても、出てくる単語の意味がそもそも分からないため、重要な単語やキーワードを読み落とす可能性が高まります。反対に単語力を上げることで、難しい文法であっても単語の意味を繋げることで大まかな意味を推察できるようになります。

英単語の習得は、受験英語の習得におけるカギとも言えるでしょう。特に、限られた時間内で偏差値を上げたい場合には、大学入試に頻出する英単語を中心に勉強するのがおすすめです。

参考書を何冊も買う

「参考書は多いほうがいい」「参考書がたくさんある方が安心する」という考えから、参考書を何冊も購入する受験生がいます。しかし、この方法もあまりおすすめしません。特に、文法書のような基礎段階においては避けた方が良いでしょう。

文法・大学頻出単語などの基礎英語においては、どの参考書でも大きく内容が変わりません。何冊も違う文章を読み込むより、「分かりやすい」かつ「何度でもできる」参考書を覚えるまで繰り返す方が、基礎英語力に繋がりやすくなります。また、参考書や問題集が多すぎて、中途半端に手を付けただけで終わってしまう人も少なくありません。

基礎で躓いている場合、まずは一冊の参考書である程度できることを増やしてから、足りない部分を他の参考書で補うのがおすすめです。

いきなり長文を解こうとする

英語の基礎ができていない段階で長文を解こうとするのは控えましょう。一見すると、最初から難しい内容をやった方が近道に感じるかもしれませんが、解説を読んでも分からない・解説で分かっても他の問題に応用ができない・基礎内容を調べなおす手間が増える…などさまざまなデメリットが多く、結果的に基礎から勉強するよりも時間がかかります。また「読めない!」「分からない!」という焦りから、勉強が躓きやすくなったり、苦手に感じてしまったりする可能性も。

大学受験の英語学習は多少時間がかかっても、下記の順番を辿る方法が近道かつ効率的です。

  1. 英単語の語彙を増やす
  2. 正しい文法を知る
  3. 一文ずつ解釈する力を養う

いきなり長文に挑戦するのではなく、段階的にステップアップしていきましょう。

復習・解き直しをしない

英語以外の科目にも言えますが、復習や解き直しは非常に大切です。「問題を解いたから終了」ではなく、解き終わった問題を振り返って、なぜ間違ってしまったのか・原因がどこにあったのかを把握しましょう。

復習・解き直しは、間違えたポイントや勉強した内容を何度も間違えないようにするために、重要な過程と言えます。再挑戦して、頭の中に知識を定着させましょう。

大学受験で英語の偏差値を上げるためにおすすめの勉強法

次に、成績向上に繋がりやすい英語勉強法を紹介します。

大学受験英語は主に3つの要素でできている

大学受験の英語は、主に下記の3つの要素でできていると言われています。

  • 英単語
  • 英文法
  • 熟語/イディオム・構文

長文の読解や英文解釈は大変そうなイメージがあるかもしれません。しかし英文の構成は、簡単に言えば「英単語」と「英文法」が、ルールに従って並んでいるだけのもの。英単語と英文法を学んだうえで、熟語や構文を理解できれば、受験英語を効率よく進められます。

「英単語」と「英文法」を重視する理由としては、大学受験英語の大きな課題がリーディング(英語長文問題)とライティングであることが挙げられます。英語長文の読解をメインとする大学が多いため、まずは「英単語」と「英文法」を優先的に学習しましょう。

勉強するおすすめの順番は?

長文読解対策のためにも「英単語」と「英文法」が重要だと先述しましたが、より詳細な順番を紹介すると下記のようになります。

  1. 英単語
  2. 英文法
  3. 英文解釈
  4. 長文読解
  5. 英熟語/イディオム

また、受験する大学の過去問題・受験内容に「リスニング」や「英作文」も含まれている場合は、4の長文読解のあとに学習するとよいでしょう。

英単語の勉強法

「英単語を極めた人は、大学受験英語を制する」と言っても良いほど、英単語の語彙を増やすことは重要です。

英語長文の読解と解釈には「英単語」と「英文法」が必須。リスニングやライティング、スピーキングにおいても、語彙力がないと対応できません。単語の学習は時間と労力が必要ですが、何度も繰り返し学習することで自然に英単語が身に付きます。また、覚えた単語の数だけ点数にも直結しやすいため、がんばった分だけ成果を実感できるようになるでしょう。

ポイント①:単語帳は「大学受験英語」に適したものを選ぼう

英単語の語彙力を高めるのは重要ですが、特に勉強の目的が「大学受験の英語」である場合、闇雲に英単語を覚えるのはNG。まずは大学受験に頻出する単語を中心に学習することで、結果に繋がりやすくなります。

ポイント②:「書く」のではなく「見て」「話して」覚える

新しい単語を一回で覚えることは困難です。面倒であっても「繰り返し記憶」という方法が効率的。一日に何度も「見る」「音読する」を繰り返して、定着させるのがおすすめです。

「書く」学習が悪いわけではありませんが、限られた時間を有効利用する場合、「書く」方法はあまり効率が良いとは言えません。たとえば1日100個ずつ単語を覚えたい場合、単語を覚えるまで書いていると膨大な時間がかかります。

何度も短期間で繰り返すためには、アウトプットの方法を「音読」に変えた方が効率的。単語を音読しながら、意味を定着させることが重要です。

英文法の勉強法

英単語と同様に、英文法は「英語の骨格」と言えるもの。文法の理解度は、そのまま長文読解の点数まで直結します。

英文法の勉強の基本は「インプット」と「アウトプット」を繰り返す方法。教科書・参考書などで文法をインプットし、問題集や小テストなどでアウトプットすることで、できない内容を潰していき基礎力・応用力を高めます。

最初は基礎的な内容からスタートして、徐々に応用・発展レベルへステップアップしていきましょう。

ポイント①:まずはテキストを1冊、集中的にやってみる

大学受験に必要な文法はある程度決まっています。どの参考書や問題集であってもだいたい同じ内容であるため、無駄に何冊も購入する必要はありません。まずは手に入れた文法テキスト1冊を、理解できるまで使うことをおすすめします。

ポイント②:短期間で勉強するなら、英単語と並行して覚えよう

大学受験は時間との戦いでもあります。受験当日まで、いかに効率よく学習を進めるかが合否のカギ。英語学習で出遅れてしまった場合は、英単語と並行して身に付けましょう

大学受験用の参考書で、文法を学習しながら頻出する単語を暗記していけば、より効率的に勉強できます。

英文解釈の勉強法

英文解釈とは「一文ずつ正確に訳せる力」のことです。

大学受験英語では、長文読解に重きが置かれています。つまり、英語を正しく読める(解釈)ようになれば、大学合格がぐっと近づくのです。

英文解釈を勉強せず、単語と文法だけで英語長文を読み解こうとすると、出題英文を何度も返り読みしたり、いちいち和訳したりと時間を大幅にロスしてしまいます。しかし英文の構造を理解できれば、英語を英語のまま理解する思考回路を養え、長文であろうと英語を素早く読める速読力にもつながります。

ポイント①:和訳は必ず紙に書くようにする

英文を「把握」するためにも、和訳は必ず紙に書くようにしましょう。

出題文を頭の中だけで訳してしまうと、自分の解釈が曖昧になって自己添削ができません。特に、すぐに解説を見て納得してしまう方法はNG。「どのように解釈したのか」「どの部分が間違っていたのか」を把握するためにも、自分の解答は必ず残してください。

また、単語の意味を正しく訳しているか、日本語として不自然ではないかもチェックしましょう。一文だけ見ると小さな違和感で済んでも、長文読解になると違和感が重なって重要な部分を見落とす可能性があります。

ポイント②:数をこなすことで、長文読解の基礎力をつける

長文は短いフレーズが集まった形です。まずは短い文章から精読と多読を繰り返し行い、解釈できる力を身につけていきましょう。

  • 精読:分からない単語・構文を全てピックアップして、分からない部分を潰すこと
  • 多読:文字通りたくさん読んで、回数をこなすこと

長文読解の勉強法

共通テストや大学入試試験において、長文問題のできる・できないは偏差値に大きく影響します。英語長文の得点を上げるためには、単語・文法・英文構造把握と解釈という基礎を身に付けて、読解力を高めなくてはなりません。

また、何問もある長文読解を限られた試験時間内でこなすために、速読力も身につける必要があります

ポイント①:精読・多読を繰り返して数をこなそう

まずは、一つひとつの文章を丁寧に読む「精読」に取り組み、わからなかった単語や構文をピックアップしましょう。これらの意味を知り、あらためて長文全体を和訳して、分からない部分を解き明かします。これを何度も繰り返して数をこなすと同時に、解答と比較して自分の解釈が正しいかどうかを確認してください。

この際、時間制限のある試験に備えて、何分で解き明かせるか時間もチェックしましょう。最初は長くかかるかもしれませんが、数をこなすことで徐々にタイムを縮められるようになります。

ポイント②:復習・音読までがワンセット

英語長文問題を解いた後の復習方法として、音読することをおすすめします。実際の試験で音読するわけではありませんが、繰り返し音読することで英文を読むスピードが速くなり、単語や熟語、文法構造などを頭の中に定着させやすくなります。

英熟語/イディオムの勉強法

英語の受験対策で、多くの人が苦しむのが「長文読解」。しかし、そこをクリアしても「まだ偏差値が安定しない…」「もっと偏差値を上げる必要がある」という場合は、熟語・イディオムの習熟度に課題があるかもしれません。

英文を読んでいて熟語やイディオム(慣用句)が出てきた際、それぞれの単語の意味から何となく意味を導き出すことが多いでしょう。ですがその方法では、ニュアンスを取り違える・引っ掛け問題を落としてしまうなどの可能性があるため、注意が必要。

偏差値を安定して上げたいのであれば、大学受験に頻出する熟語・イディオムに重点を置いて学習しましょう。

ポイント①:覚えにくいものや、テーマ別で絞って覚える

英語の熟語やイディオムは、ある特定のシーンで使われるケースがあります。食事の場面や学校、ショッピング、電話、病院など、テーマ別に分けてまとめて覚えてしまうと効率的です。テーマに分けて覚えることで、長文の内容と関連づけて思い出しやすくなります。

ポイント②:例文と一緒に覚える

熟語を暗記する際、熟語と訳だけを単体で覚えてしまうと、実際の文章が結び付いていないため、文全体を訳す際に上手く繋がらず「勉強したのに落とした」という結果になるケースがあります。

熟語やイディオムは、例文を見ながら実際にどのような場面で使っているのか意識して、フレーズと一緒に覚えていくようにしましょう。

大学受験英語を対策するなら

大学受験のための英語勉強法についてまとめてきました。限られた時間の中で偏差値を上げようとする場合、効率を考えて学習を進める必要があります。勉強の流れとしては「単語の語彙を増やす・文法を頭に入れる・読解力を高める」ことに重点を置き、問題集を1冊すべて使い切るつもりで学習しましょう。

「独学が難しい…」「もっと詳しく指導してほしい」という方は、大学受験英語に強い学習塾に通うという方法もあります。下記では高校生におすすめの英語塾を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

高校生におすすめの英語塾をチェックする

\中学生・高校生向け/
重視するポイント別に選ぶ
東京のおすすめ英語塾3選