英語力をのばしたい人必見!目的別にみる英語塾選びのポイントと勉強法のコツ

大学受験に向けた英文法の勉強法

単語と共に早くから学習

大学受験の英文法は、英語の問題を解く基礎となる知識です。英文法を理解していないと、英文の構造や単語の順序、英文から伝えたい意図が分からず、正確に問題を解くことは難しいでしょう。

決まった文法や構造をマスターするためには、時間がかかります。また、英単語を関連付けて勉強することで効率よく、英文法を覚えられるでしょう。多くの英単語と英文法を覚えるために、早くから繰り返し勉強することが大切です。

インプット→定着→アウトプットの流れが重要!

英文法の勉強を効率よく行うためには、知識を入れる「インプット」と知識を出す「アウトプット」の繰り返しが大切です。英語は母国語ではないぶん、知り得た知識を活用できなければ忘れてしまうでしょう。

そこで、まずは学校の授業や参考書などを利用し、英文法をインプットしていきます。インプットした知識は、同じ問題集や参考書を使ってアウトプットを繰り返しましょう。この流れで、インプットした英文法を定着させます。

英文法の勉強の3ステップ

参考書の内容を自分で説明してみる

インプットした知識を正確に理解しているか確認するために、参考書の内容を自分の言葉で説明しましょう。紙に書き出したり、先生が授業しているように声を出したりして、自分の理解度をチェックします。

学習した英文法の関連文章を作成してみる

学んだ英文法が使えるよう、まずは問題集などの例文を参考に、さまざまなパターンで英文法の作文をつくってみましょう。特に、自分に関係している状況や日常生活で遭遇する場面で使える文章であれば、より理解が深まります。

英文法問題の実践を積む

2つのステップまで順調に進むと、英文法の基礎的な知識はほとんど定着しているでしょう。次に、大学受験に応用するために英文法の問題を数多く解いていきます。実践を積み、問題に慣れる練習をしましょう。

学習タイミングはいつ?

人の脳は、睡眠中に記憶の整理を行い、脳の引き出しの中に保管するようにつくられています。そこで、勉強の中でも情報が多い英文法は、寝る直前と起床直後が「暗記のゴールデンタイム」と言われています。

暗記したい単語や英文法は、寝る前に参考書を読んだり覚えた知識を声に出したりします。そして、翌朝起きた後は、寝る前にインプットした知識の復習を行います。この方法を繰り返すことで、効率よく多くの英文法を学べるでしょう。

5秒でわかる成績アップのためのおすすめ英語塾探し