英語力をのばしたい人必見!目的別にみる英語塾選びのポイントと勉強法のコツ

HOME » 小学生の英語をのばす勉強法&おすすめ塾 » 小学生から英語を学ぶ4つのメリット

小学生から英語を学ぶ4つのメリット

幼児英語教育

「読めるけど書けない」「英会話はできるけど文法で失敗する」

英語への苦手意識はそれぞれですが、覚えなければならない単語に溜息をついた学生時代もあるのではないでしょうか。

詰め込み式で英語を習得するよりも、興味を持って知識を吸収すると驚くほど上達します。

それが低年齢であればあるほど素直に受け入れることができるため、当たり前のように英語を話せる子どもへと成長しますよ。

小学生から英語を学ぶとこんなにメリットがある

1.中学校の英語でつまずかない

本格的な英語の授業を受ける中学生になっても、小学生で英語を学んでおけば取り残されることはありません。

勉強の意識を持たせる前に面白さや楽しさを味わえるので、「難しい」「めんどくさい」といったイメージは持ちにくいでしょう。

そのため聞き取りテストで聞き逃すことも減り、日本人の多くが苦手とする発音もまったく問題がなくなります。

「それなら学校の授業だけでよいのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、残念なことに学校では一人一人のレベルに合わせてもらえないため、文部科学省の学習指導要領に沿った対応になります。

2.小学生なら自由になる時間も多い

部活に力を入れる中学生になると、英語だけに時間を割くことはできません。

受験対策用の塾や生徒会・委員会活動も活発になるので、放課後を自由に使える小学生の頃が、習い始める時期として一番取り組みやすいのです。親の予定に左右されるときもありますが、ほとんどの場合で学校の行事や部活に束縛されたりはしないでしょう。

どんなに英語を理解していても、日常的に使わなければ覚えていることも薄れていきます。友達づきあいや定期テストに対応する中学生よりは、英語を身近に置いておける小学生のほうが、接する時間としては多くなりますね。

3.早い段階で国際感覚を身につけられる

英語教育は単語を習うだけではなく、異文化に触れ合う時間が増えることもメリットです。

低年齢のうちに英語に触れる時間が多いほど、グローバルな感覚が磨かれるでしょう。日本語以外の表現やコミュニケーションが取れると、将来的にさまざまな国で活躍する選択肢もできます。

4.理屈や理論ではなく、すんなり頭へ入る

年齢が上がるにつれて思考能力も高くなるため、低年齢のほうが余計な疑問を持つことなく、英語を話せるようになります。

例えば「わからない」という意味で「I don’t know 」を使いますが、同じ「わからない」というニュアンスに「I don’t get it」という英文もあります。

「I don’t know」は知らないという意味が大部分なのに対して、「I don’t get it」は言っていることの意味がわからないと訳すことになります。

微妙な意味の違いを理屈で説明しなければならない年齢よりは、なんとなくでもニュアンスから感じて受け入れられる小学生だからこそ、英語の習得が速いのです。

小学生から英語を学ぶときに気をつけたいこと

親は前のめりにならないで

小学生から英語を学べば安心できるかもしれませんが、できるだけ自主性を尊重してあげましょう。

親の顔色を見て「行きたい」というのなら、それは子どもにとって学ばなければならない科目に変わってしまった証拠です。義務になると苦痛に感じるため、体験で様子を見ながら気持ちを探ってください。

家庭での英会話はしないほうがよい

「子どもが英語を習っているから、家でも英会話にしよう」そう考えて実践する人もいるかもしれません。

ただ、親が英語を話せるなら問題ありませんが、苦手意識があるにもかかわらず子どもに合わせると、間違った使い方を教えてしまう可能性もあります。

英語で表現することのできない感情も湧いてくると思うので、無理に合わせず塾や英語教室などへ任せましょう。「ご家庭でも声をかけてください」と言われたときは、家族みんなで英語を楽しんでください。