英語力をのばしたい人必見!目的別にみる英語塾選びのポイントと勉強法のコツ

キャタル

このページでは、英語専門塾「キャタル」の基本情報や実績についてまとめるとともに、各コースの特徴・料金や口コミなども併せて紹介しています。

バイリンガル教師による100%英語の授業を実施するキャタル

キャタル
画像引用元:キャタル公式HP:http://www.catal.jp/

キャタル
特徴1 英語を英語で学ぶことによる「英語脳」づくり(授業は100%英語)
特徴2 インプットとアウトプットの反復による、英語の認識および習得
特徴3 自らの努力で英語を習得した経験を持つバイリンガル教師による指導

教育実績

学習を開始したときにはアルファベットを理解する程度だった小学5年生の生徒が、週1回の授業を経て英検3級を取得。2年前は英語がまったくわからない状態だった中学生が今では英作文がスラスラと書けるようになり、さらには慶應ニューヨーク学院にも合格。こうした「成長ストーリー」が、キャタルのホームページでは多数紹介されています。

バイリンガル教師の指導のもと、「英語を英語で学ぶ」キャタルメソッドが生徒の成長を大きく促す源となっているようです。

学年別のコース紹介

小学生・中学生・高校生共通

キャタルでは、学年別ではなく能力別にクラス分けをして授業を行っています。具体的には、国際標準規格に準拠した「基礎段階の英語使用者(A1・A2)」「自立した英語使用者(B1・B2)」「熟練した英語使用者(C1・C2)」の各カテゴリを、キャタル独自の英語能力参照基準へと落とし込み、それを踏まえてプログラムを設計。授業形式は1対3の個別指導です。

学習内容自体は「英語の本を音読する」「ボキャブラリーを覚える」「英英辞書で意味を調べる」「サマリーを英語で書く」などオーソドックスなものですが、授業のすべてが100%英語で行われるところが特徴として挙げられます。

学年別のコース料金紹介

小学生・中学生・高校生共通 月額51,840円(1レッスン 3時間)

口コミ

  • キャタルでは授業だけでなく、普段先生と交わす会話もすべて英語だったので、自然と英語を話す力や英語を聞く力が身に付きました。イギリスに短期留学に行った際にも、会話で苦労することはありませんでした。
  • 英英辞書もボキャブラリーカードもすべて英語で書かれているため、最初はちんぷんかんぷんでした。しかし学習を続けるうちに「英語脳」になったのか、あるときを境にテストが楽に感じられるようになりました。
  • 入塾した当初は簡単な英単語を少し知っている程度だったのですが、そこからたった1年間で英検準2級レベルのテキストが読めるようになりました。「英語を英語のまま学ぶ」学習法の成果だと思います。

基本情報

会社名 株式会社キャタル
所在地 東京都渋谷区神宮前6-19-21 ホルツ細川8F
設立 2002年2月
全国の教室 渋谷、自由が丘、薬院大通
お問い合わせ時間 平日10:00~19:00
土日10:00~17:00
祝日13:00~19:00