英語力をのばしたい人必見!目的別にみる英語塾選びのポイントと勉強法のコツ

HOME » 中学生の英語をのばす勉強法&おすすめ塾 » 中学の英単語の覚え方

中学の英単語の覚え方

英語学習をはじめるうえで避けては通れない英単語の暗記。ここでは、英単語の効率的な覚え方を紹介します。

英単語を覚えるためのポイント

目と耳の両方を使う

単に英単語を書くだけだと手の動きと視覚のみで覚えることになってしまい、時間がかかります。書いて音読することで耳でも覚えられるので、身に付けるまでの時間を短縮することが可能です。

わからないところは繰り返す

初めて見る・聞く単語や表現をすぐに全部暗記することはできません。そんなときはわからなかった単語を仕分けし、重点的に学習すると効果的に英単語を覚えられます。

すきま時間を活用する

英語学習には、毎日の積み重ねが大切。ちょっと空いた時間や休み時間など、すきま時間を活用して復習することで英語を覚えるスピードが早くなります。

英語を効率的に覚えるには?

単語カードを活用する

英単語を覚える方法として、単語カードを活用する方法があります。単語カードは100円均一でも販売されており、簡単に入手可能です。

すぐにはじめられるのも単語カードでの暗記の強み。表に日本語を裏に英単語を書くことで英単語の意味を視覚から覚えられます。英単語を見て、読むことで発音するトレーニングにも。英単語とその意味を、両方覚えられるのです。

目と耳の2つの感覚を使うので覚えられる!

単語カードを使用して発音して覚えることで視覚・聴覚の2つを使うので効率的に覚えられます。

わからないところを繰り返せるので効率的!

単語カードで覚えられたものとそうでないものを分けておくのもおすすめ。場合によっては、分からない単語や間違えやすい単語だけを集めた単語カードを作って何度も復習すると単語を覚える時間を短縮できますよ!

すきま時間を活用できる

単語カードのメリットは、すきま時間に勉強しやすい点です。単語カードは小さいものなので電車の中やちょっとした空き時間にも取り出して勉強しやすく、継続して学べます。

日本語訳も合わせて覚えるのが上達のコツ

英単語を暗記するなら、一緒に意味も覚えましょう。日本語での意味を覚えることで理解が深まり、よりイメージしやすくなります。日本語から英単語へ変換する練習はよく行われますが、逆に英単語から日本語訳を導き出す練習はしていない人がほとんどです。

英単語をしっかり暗記するには、日本語から英単語、英単語から日本語のどちらもできるようになるのがベスト。日本語から英単語へ変換できたら、日本語の文章を英語に変換するときには役立つかもしれません。しかし、英語の文章を日本語に変換するときは苦戦します。

日本語から英語、英語から日本語の両方への変換ができるようになってこそ、本当の意味で英語を覚えられるのです。しっかり身に付けるなら、英単語を見て日本語訳を言う練習も行っておくと良いでしょう。

5秒でわかる成績アップのためのおすすめ英語塾探し