英語力をのばしたい人必見!目的別にみる英語塾選びのポイントと勉強法のコツ

リスニング力

このページでは、日本人がリスニングを苦手とする原因を分析するとともに、それをふまえた克服法のコツを紹介しています。

リーディング下手の3つの原因と克服法

英語の読み・書きはできるけれど、聞くのは苦手という人が多いようです。「読む(リーディング)」「書く(ライティング)」と「聞く(リスニング)」は一体何が違うのでしょうか?

リーディングとライティングでは「目」と「脳」を使いますが、リスニングでは「耳」と「脳」を使います。本の文章を目で追うのも作文を組み立てるのも自分のペースで行うことができますが、リスニングは話し手のペースに合わせなければなりません。どうやらこのあたりに、日本人がリスニングを苦手とする要因がありそうです。

さて「リスニングが苦手/できない」原因には3つの段階があります。

  1. そもそも聞き取った英単語や表現の意味を知らない。
  2. 英単語や表現は知っているのだけれど、それを聞き取ることができない
  3. 理解のスピードがついていかない

1つ目は、意味を知らなければ話の内容を理解できないのも当然ですが、しかし勉強熱心な日本人においてはこうしたケースはむしろまれ。仮にそうである場合には中学レベルの英単語や英文法を学び直すだけで十分に克服することができます。

2つ目は、耳が英語に慣れていないことが原因ですので、とにかく耳を英語に慣れさせるしかありません。たとえばオーディオブックなどを使って、たくさんの英語を聞くというのも克服法のひとつです。

3つ目は、「I have a pencil」という文章を聞いて「I」を「私」に変換している間に、次の単語、次の文章へと進んでしまい置いていかれてしまうケースがこれに該当します。

日本人はリスニングをする際に「pencil(英語)→鉛筆(日本語)→先のとがった筆記具(イメージ)」という変換をしてしまいがちですが、これでは話すスピードについていくことはできません。

ですので「pencil」から「先のとがった筆記具」へとダイレクトに変換できるようになることが、リスニング力を高めるうえでのコツになります。

さきほどの「耳を英語に慣れさせる」ことも、今述べたダイレクト変換も一朝一夕にできるものではありませんので、中学校と言わず小学校の段階から英語塾に通わせて、英語にふれる機会を少しでも増やすと効果的です。

別ページでは「小学生におすすめの英語塾」も紹介していますので、そちらも併せて参考にしてみてください。