英語力をのばしたい人必見!目的別にみる英語塾選びのポイントと勉強法のコツ

HOME » 高校生の英語をのばす勉強法&おすすめ塾 » 受験に必要な英単語数

受験に必要な英単語数

このページでは、大学受験に必要な英単語数と、その効率的な覚え方について紹介しています。

英単語を暗記できる人・できない人の違いとは?

高校生が大学受験までに身につけておくべき英単語数は3000~4000語と言われています。英語は決して暗記科目ではありませんが、それでも最低限(=3000語以上)の英単語が必要です。

暗記というと記憶力が物を言うと思われがちですが、実際にはそうではありません。暗記ができる人・できない人の差というのは実は、記憶力の差ではなく、覚え方を知っているか・知らないかの差なのです。

それでは、英単語はどのような覚え方をすれば良いのでしょうか?

英単語の覚え方としてもっともメジャーなのは、単語帳(カード)を使った暗記だと思います。表に英単語、裏に日本語の意味を書いてペラペラめくる。中学生や高校生の間で広く行われてきたこの方法ですが、効果としては30点くらい。なぜならこの方法では、覚えるべき情報が「目」からしか入ってこないからです。

言うまでもありませんが、人間には視覚のほかにも嗅覚・聴覚・味覚・触覚といった感覚があります。これら5感を最大限に活用するのが、英単語の正しい覚え方。

手を動かして書いて覚えれば、視覚だけでなく触覚を通じて英単語が体のなかに入ってくるので効果は2倍。さらに口も動かして声に出しながら覚えれば、耳(聴覚)からも英単語が入ってきます。ここまですれば、ただ単語帳をめくるだけの暗記法の3倍の効果が得られます。

しかし、どんなにしっかりと脳に刻み込んだはずの英単語も時間が経てば次第に記憶は薄れていってしまいます。人間というのは「忘れていく動物」ですので、これは仕方のないことです。

むしろ大事なのは、完全に忘れてしまう前に記憶の上書きをすること。1回覚えただけの英単語は3日も経てば忘れてしまうかもしれませんが、その前にもう1回覚え直すことでその期間を5日、1週間と延ばすことができます。

英単語というのは1回覚えておしまいではなく、毎日繰り返し覚えることが重要なのです。根気強く勉強できるか・できないかも、暗記ができる人・できない人を分ける差だとも言えるかもしれません。

受験英語に必要な英単語を効率的に暗記する5つの方法

自分に合った単語帳を1冊選ぶ

短時間で効率よく英単語を暗記するには、いろいろな単語帳に手を出すのはむしろ逆効果です。自分に合った単語帳1冊選び、それを使って集中して勉強する方がより効率的に暗記できます。

例文が載っている単語帳だと、前後の単語や短い文章をイメージしながら暗記を進めていけるので、覚えやすいです。

まずは1冊を集中的に覚えてからであれば、次の単語帳に取り掛かる時、既に暗記方法もつかめているのでスムーズに取り掛かることができるでしょう。

1度にすべてを暗記しようとはしない

単語の意味はひとつとは限りません。活用形もありますし、文章の中で別の単語と結びついて違う意味をもつこともあります。

真面目な人ほどこれらをすべて暗記しようとして混乱し、かえって暗記が進まないという傾向があるようです。

暗記のコツは、1度にすべて覚えようとはしないことです。まずはメインの意味だけ覚えたら、あとは2周目以降に覚えるくらいの気持ちでいましょう。

例文や対義語、派生語などは無理に暗記しようとせず、意味をひとつ覚えたら次へ進みましょう。

ただし、読み流しているだけではいつになっても暗記はできません。基本的な意味は覚えたら絶対に忘れない、という強い気持ちで、集中力を最大限に発揮して取り組みましょう。

発音することが時間短縮に繋がる

「自分は書くことで覚えられる」と考えている受験生はとても多いのですし、実際にその効果はあります。書くことはスペルを覚えるのにも有効だと言えるでしょう。

しかし、書いて覚えるデメリットは時間がかかる点です。読解力を上げたいが、あまり時間がないという場合は、単語や文章を声を出して読む方が時間短縮に繋がります。

最初は少し恥ずかしいかもしれませんし、外ではなかなかできませんが、自宅での学習には「単語を発音する」ことを取り入れてみると良いでしょう。

まとめて復習するのではなく毎日つづけることが大切

一時的に暗記をしても、時間が空いてしまえばすぐに忘れてしまうのが人間というものです。暗記した単語をしっかりと自分のものにするためには、時間が空いたときには復習する習慣をつけるようにしましょう。

復習のコツは、1冊の単語帳を1度に全部見返すのではなく、1回に復習する単語の数をあらかじめ決めて、それらを確実に暗記していくことを心がけましょう。大切なのは毎日つづけることです。

塾での反復学習も有効

それでも、地道に独学地道に勉強するのは簡単ではありません。特に英単語の暗記はシンプルな勉強なので、途中で飽きてしまいがちです。そういう人には、塾で行われている「反復学習」を活用することをおすすめします。

塾では効率よく英単語を暗記できるカリキュラムを組んでいますし、不明点はすぐ講師に確認できます。また、同じように暗記が苦手な仲間と切磋琢磨しながら頑張れるのも塾の魅力です。

塾によっては、楽しく学べるようタブレットを導入したりと、いろいろな工夫をしていますので、自分に合った反復学習を取り入れている塾に通ってみるのも一考です。