英語力をのばしたい人必見!目的別にみる英語塾選びのポイントと勉強法のコツ

長文読解のコツ

このページでは、苦手にしている人の多い「長文読解問題」の解き方のコツを紹介しています。

長文読解でいきなり本文を読むのがNGな理由

高校英語には長文読解は必ず出題される問題です。長文読解の攻略なくして合格はない、と言っても過言ではないほどです。

その一方で「英語の勉強のなかで長文読解がもっとも苦手」という人も多いのではないでしょうか?

もっとも重要なはずの長文読解を、もっとも苦手にしている人が多い。これこそが、日本人の英語下手・嫌いの最大の要因かもしれません。

長文読解というと、長文の最初から最後まですべて理解できなければ問題が解けないと思っている人も多いかと思いますが、実はそんなことはありません。極端なことを言えば、設問で問われている個所さえわかれば、あとはまったく理解できなくても得点は取れます。

いきなり本文から読み始めるのではなく、まずは設問に目を通して、この長文読解問題では何について聞かれているのかを把握するのが大事。それだけでも、本文はだいぶ読みやすくなるはずです。

また「木を見て森を見ず」というのも、長文読解が苦手な人に多いパターンです。

ひとつの英単語、ひとつの文章に執着しすぎては、なかなか先に進めず長文の全容を把握するのが難しくなってしまいます。少なくとも最初の読みでは、わからないところは飛ばしながら全体のイメージをつかむことに重きを置くべきです。

その際におすすめしたいのが、強調語に注目すること。

強調語というのはたとえば「but」「however」「because」などを指しますが、これら強調語のあとでは話が転換したり、あるいは大事な結論が書かれていることが多いので、出てきたら必ずチェックしておくようにしましょう。

以上、長文を読むにあたってのコツを紹介してきましたが、ある程度の英単語数や基本的な構文についてはしっかりマスターしていることが前提となります。

仮にその部分がまだできていないという人は、まずは英語塾に通うなどして基礎を固めるところから始めることをおすすめします。