英語力をのばしたい人必見!目的別にみる英語塾選びのポイントと勉強法のコツ

飛鳥高校

このページでは、飛鳥高校の基本情報や特色、偏差値、そして英語教育の実施状況を解説します。飛鳥高校への進学を検討している人は、学校の特徴や雰囲気が自分にあっているかどうか、ぜひ参考にしてみてください。入学する際の判断材料になれば幸いです。

飛鳥高校の特徴

飛鳥高校では、英語教育を充実させるために英語の授業数と科目を以前より増やしました。英語が苦手な生徒でもしっかり学べるように、習熟度別にクラスを分けて授業を実施。レベルに合った授業を受けられるため、効率よく英語を伸ばせます。加えて少人数制の授業をおこなうことで、生徒ひとりひとりにしっかり対応できるところが特徴です。また国際交流にも力を入れており、修学旅行は海外へ。さらに夏季休業中のアメリカ語学研修やホームステイ受け入れ、留学生の受け入れなどを通し、盛んな国際交流を実施しています。

飛鳥高校の2020年度の偏差値

偏差値:50

※参照元:飛鳥高校(東京都)の情報(偏差値・口コミなど) | みんなの高校情報(https://www.minkou.jp/hischool/school/2804/)

飛鳥高校の英語学習

充実した外国語講座

飛鳥高校では、生徒の外国語の能力を伸ばすため豊富な講座を実施しています。たとえば、英語でおこなう「ディスカッション」や「ライティング」、「イングリッシュ・プレゼンテーション」などです。さらに英語のリスニング力を高めるための「ビジュアルリスニング」では、映画などを活用し楽しみながら学習できます。

ネイティブスピーカーによる講座

ネイティブスピーカーによる英語の講座を実施しています。リアルな英語を学ぶことができるため、生徒にも人気。常駐の英語講師であるネイティブスピーカー2人を配置、さらに5人のALT(英語ネイティブスピーカー)を加えてチームティーチングをおこなうことで、効果的な英語学習を実現しています。さらに、フランス語・中国語・スペイン語などの第二外国語講座も実施。それぞれの言語ごとにネイティブスピーカーが配置されているのも魅力です。

飛鳥高校の口コミ

  • 飛鳥高校は英語学習に特化しており、海外の高校と交流が盛んです。たとえば、アメリカ語学研修やフランス語研修、海外への修学旅行など、国際交流ができるイベントが充実しています。英語圏や東南アジアの生徒も多いため、英語を学ぶ環境も整っていると思います。科目は、自由に選択できるものが多く、行きたい大学への勉強を集中しておこなえるのがいいところです。
  • 都立の上位高校と比較しても、英語教育は引けを取らないほどのレベルの高さです。豊富な英語教育のカリキュラムやネイティブスピーカーの講師が常駐しているなど、英語を学ぶ環境がしっかり整っています。習熟度別のクラスがあるため、自分のレベルに合わせた学習ができます。

飛鳥高校の学費

授業料 第1学年~第3学年:118,800円
学年積立金 第1学年:50,000円
第2学年(一般):記載なし
第2学年(IB):記載なし
第3学年(一般):記載なし
第3学年(IB):記載なし
PTA会費用 第1学年:5,000円
第2学年:記載なし
第3学年:記載なし
生徒会費 第1学年:5,000円
第2学年:5,000円
第3学年:5,000円

飛鳥高校はどんな人におすすめ?

  • 国際色豊かな環境で学習したい人
  • 外国語研修に参加したい人
  • 少人数制のクラスで授業を受けたい人
  • さまざまな外国語口座を受けたい人
  • 国際交流を通して英語で自分の意見を発言できるようになりたい人

飛鳥高校の基本情報

学校名 東京都立飛鳥高等学校
設立年 1996年
所在地 東京都北区王子6-8-8
アクセス 東京メトロ南北線王子神谷駅 徒歩6分
電話番号 03-3913-5071
5秒でわかる成績アップのためのおすすめ英語塾探し